会社概要

会社名 東海検査エンジニアリング
設立 1975年(昭和50年)
代表取締 服部 昭治
本社 〒510-0845 三重県四日市市海山道2丁目10番地
出張所 三菱化学株式会社 四日市事業所内 旭協力センター内
JSR株式会社 協力会社センター内
資本金 1000万円
営業品目 非破壊検査全般
従業員数 25名(平成23年4月現在)

沿革

1975年(昭和50年) (有)三重工業検査を設立
1978年(昭和53年) (有)三重工業エックス線へ社名変更
1985年(昭和60年) 新会社、東海検査エンジニアリング株式会社を設立
1995年(平成7年) JSR株式会社 四日市工場に出張所開設
1997年(平成9年) 三菱化学株式会社 四日市工場に出張所開設
2000年(平成12年) アメリカ エベレスト・VIT社よりロングスティアービデロプローブを導入
火力発電設備ボイラチューブの内視鏡検査を開始
2005年(平成17年) ポータブル自動厚さ測定システム導入
高圧機器及び配管等の内部減肉の影像化処理システムを開始
2011年(平成23年) アメリカ テステック社より電磁誘導検査装置Falconを導入
配管の全面探傷、内部減肉の影像化処理システムを開始
2015年(平成27年) アメリカ GEセンシング&インスペクションテクノロジーズ社よりDXR250フラットパネルディテクタを導入